ドライブレコーダーの導入について

宝塚タクシーグループでは、より安全運行・接客サービスの向上の為、

平成22年9月から、ドライブレコーダーの導入を開始いたします。

ドライブレコーダーの導入により、事故が発生した場合の原因究明や

事故防止対策、安全教育への活用など安全に対する取り組みを

より強化してまいります。

ドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダーとは、事故やニアミスなどにより急ブレーキ等の衝撃を受けると、その前後の映像とともに、加速度・ブレーキ・ウインカー等の走行データを、メモリーカード等に記録する装置のことです。これにより事故やニアミスの状況が記録されるため、事故等の映像を利用して乗務員の安全教育へ活用できるとして運送事業者で普及が進んでおります。

ドライブレコーダーの効果

① 運転態度の改善

ドライブレコーダーを取り付ける事で「記録されている」という事から、乗務員に安全運転の意識を向上させることができます。また、ドライブレコーダーに記録された映像を活用する事によって、乗務員の安全運転指導等を行うこともできます。

② 接客サービスの再確認

室内カメラの活用により、従業員の接客サービスの再確認が行えます。

③ 事故処理の迅速化

記録された映像を参考にして、事故処理の迅速化を図ることができます。

④ エコドライブの推進

安全運転をすることはエコドライブ(省エネ)運転にもつながります。

安全運転を推進しながら、エコドライブの推進も行うことができます。

YAZAC-eye2L/2EL